スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

神戸大学発達科学部、神戸大学大学院人間発達環境学研究科のパンフレット完成

神戸大学発達科学部、神戸大学大学院人間発達環境学研究科のパンフレット完成しました。

澤ゼミ生に協力してもらいながら、ついに完成しました。
なぜか、澤ゼミ生が多くのページで掲載されています。

下記からご覧ください。
『神戸大学発達科学部・神戸大学大学院人間発達環境学研究科2011』のダウンロード
スポンサーサイト
2010-06-30 15:12 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 1 :

もう飲んだ?

神戸大学茶。
ラベルは神戸らしいとされる写真です。

20070528135954.jpg



こちらは「神戸の香り」これも神戸港の絵です。
神戸大学の紹介ページ
2007-05-28 14:00 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 3 :

2万回

sawaです。もうじきこのブログの閲覧回数が2万回となります。
おそらく本日中に到達すると思います。
自分じゃないことを祈ります。
2007-05-25 17:10 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 3 :

また消える近代建築 大正銀灘支店ビル

sawaです。

また消える近代建築 大正銀灘支店ビル(神戸新聞 2007/05/24)

個人的に好きな建物の一つです。
クリックすれば大きくなります(いずれも澤撮影)
IMG_1858.jpg

IMG_1867.jpg

IMG_1870.jpg

IMG_1871.jpg

IMG_1872.jpg

IMG_1873.jpg


歴史的なデータについては下記参考
神戸(兵庫)レトロ(大正銀行灘支店)
2007-05-25 16:32 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 1 :

1.17

sawaです。
本日は、1.17。阪神淡路大震災。
神戸大学では、学生39人、教職員2人が震災で亡くなりました。


学生が亡くなった下宿先一覧(UNN関西学生報道連盟)です。


2007-01-17 11:23 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 0 :

10000回の閲覧

sawaです。
このブログも1万回閲覧されたことになりました。
今後ともよろしく閲覧・コメントの書き込みをお願いします。
2006-12-15 17:03 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 1 :

B紙、ラーフル、離合・・意味分かる?

sawaです。

毎日新聞に次の記事はとても楽しい記事です。是非読んでみて。
続・呼び名で分かる:名詞編 なぜか多い学校関係(毎日新聞)

混住化農村の投稿論文で、「車が離合できないほどの狭い道」と記述したら、論文のレフェリーに離合の意味が分からないので修正してくださいと言われたことがあります。私としては標準語と思っていたのですが、レフェリーは関東の人だったのでしょうか、意味が分からなかったようでした。あらためて、この記事を読んで、方言だったことを知りました。

2006-10-25 15:35 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 4 :

「今日はパンツをはいてくれば良かった」と聞いてギョッとする?

sawaです。

「今日はパンツをはいてくれば良かった」と聞いてギョッとする?
むちゃくちゃギョッとします

引き続き毎日新聞の次の記事も読んでみて。

呼び名で分かる:年代編 言葉に映る時代と価値観

運動靴:「ズック」と「スニーカー」→運動靴
「チョッキ」と「ベスト」→「チョッキ」」(子どもの頃)
「バンド」と「ベルト」→「バンド」」(子どもの頃)
「チャック」と「ファスナー」→「チャック」
「ジャンパー」と「ブルゾン」→「ジャンパー」
「トレーナー」と「スエット」→「トレーナー」
「天花粉」「シッカロール」「ベビーパウダー」→「天花粉」(子どもの頃)

ちなみに、「チャック」と「ファスナー」は両方とも英語ではない。
正しくは、zipper
2006-09-22 17:59 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 0 :

絆創膏は何と呼ぶ?

sawaです。

毎日新聞に次の記事はとても楽しい記事です。是非読んでみて。

呼び名で分かる:地域編 出身地を推測できる「ばんそうこう」

神戸出身の私は、バンドエイド。記事通りです。
インドに行ったとき、なんて呼ぶのか困りました。
英語では、adhesive plaster

ちなみにインドではコピーのことを、ゼロックスと言うことが多い。
正しいインド英語では、photo copy
2006-09-21 18:17 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 6 :

エスニシティ地理学に関する研究会に参加しました

sawaです。

先日、熱海でエスニシティ地理学に関する研究合宿がありました。
泊まりがけなので、議論は深夜にまで約12時間にも及びました。寝たのは深夜の2時半頃でした。

研究会の中で印象的だったのは、深夜12時を過ぎた頃でしたか、「伝統」をめぐる日本とアメリカのアカデミズムでの用法の違いでした。アメリカの大学での教室の「伝統」の意味合いは、例えば「新しいものを生み出す姿勢」だとすると、これは前任者の教員の研究のやり方をも打破してゆく姿勢が、「伝統そのもの」なのに対し、日本において、大学の教室の「伝統」とは、前任者のやり方を踏襲するのが「伝統」である。どちらがよいのか悪いのかではなく、同じ「伝統」のもっている意味内容の違い、あるいは用法の違いの大きさにあらためて気づかされました。

「エスニシティ」に関して、各国や文化によりどのような用法の違いや意味内容の違いがあるのかがとても気になりました。例えば、多くの移民労働者を抱え、移民問題がのっぴきならない状況にある地域での「エスニシティ」の意味合いと、どちらかというと一般的には「エスニック料理」などと親和的に使われることも多い日本の用法の格差。このように考えてゆくと、「エスニシティ」という概念そのものが社会的構築物なのであると、(熱海からこだまで3時間半かかってようやく新大阪に着くまでに)澤は考えました。

なお、翌日の熱海のフィールドワークは雨、雨。雨男の面目を保ちました?!
2006-06-21 18:18 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 0 :

他流試合に参加しました

sawaです。
岩佐ゼミに出席しました。

「国家対市場」(ダニエル・ヤーギン&ジョセフ・スタニスロー)のインドに関する章の発表があるので、今回特別にゲストとして参加しました。

インドの経済自由化政策の流れについての章でした。インドの許認可支配をキーワードに、その緩和・撤廃によりインドがグローバル化した市場社会に組み込まれていく様を、当時の中央政府のの権力者層の思想的背景や個人的性格にまで踏み込みながら説明している章でした。
トリクルダウン効果、原書のタイトルでもある「管制高地・Commanding Heights」、ヒンドゥー至上主義政党(インド人民党)、ガンジーの思想(swadesh)、中間層、IT産業などインド経済の今後などについて議論が進められました。

また、テキストに入る前に、各参加者が1週間の間に読んだ書籍の紹介もされました。

人文社会科学に関する教員9名により担当する社会環境論コースの特徴は、幅広い研究教育部門が学べるとともに、その垣根が低いことだと考えておりますが、本日の他流試合はまさにそれを実感するものでした。
2006-06-14 17:23 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 1 :

アイシュワリア・ライ

sawaです。
Aishwarya Rai
インドの留学生に、Aishwarya Raiの巨大ポスターを戴きました。
カルナータカ州では、人気NO.1の女優です(澤の現地での詳細な聞き取り調査による)。1994年のMiss Worldです。


Aishwarya_Rai.jpg

Aishwarya20Rai.jpg

Miss World 1994

2006-06-13 23:43 : ゼミ主催者のひとりごと : コメント : 0 :
ホーム

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。