スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

水都で出会った教養の本

管理人のあいざわです。

気が付いたら九月になってました。みなさんいかがお過ごしですか?

私は7月8月9月と、フィールドワークをしている岐阜県大垣市と神戸の間を行ったり来たりしていました。ワンシーズンで18切符を3枚使い切るぐらいの勢いです。今日、一週間ぶりに神戸に戻ってきて、部屋のカレンダーをめくりました。

ところで大垣は「水都」だそうです。「水都まんじゅう」「すいとタクシー」「すいとぴあ」「レンタル自転車すいと号」など、かなり「水都」というアイデンティティを強調しています。

全国には「水都」と呼ばれる街が結構あります。島根県の松江市や大阪も「水都」を自称していますし、水郷水都と言えば滋賀県近江八幡や福岡県柳川、茨城県霞ヶ浦あたりもそんな風情を売り物にしています。どこも舟運で栄えた古い町並みが残されているところです。

来週訪ねる鞆の浦も、舟運の町です。陸路で栄えた街と一番違うのは何でしょうねぇ?? 陸路の街道筋の町だったら道路問題も違った展開になったのかもしれないなぁ・・・と、勝手な想像をしているところです。

水都の話や、僕の研究の話はさておき、大垣の古本屋さんで面白い本を見つけました。


教養のためのブックガイド 教養のためのブックガイド
小林 康夫、山本 泰 他 (2005/03/29)
東京大学出版会

この商品の詳細を見る



分野を限らず、漠然と教養のための本って何を読んだらいいのか分からない!と思っていた僕なんかは、かなり真剣に読んでしまいました。「座談会・教養と本」「留学生にすすめる本」「読んではいけない本15冊」なんて見出しを見たら、やっぱり読んでみたくなっちゃいますよね。。

東大の先生が、ゴノゴノ言いながら本を作ってる雰囲気も伝わってくる感じの内容です。教養系の本?が好きな方は、一度手に取ってみてはいかがでしょう。

9月7日追記

「魅力的な街、神戸2位 地域のブランド力 全国ネット調査」なんて記事を見かけました。新しく記事を書くと鞆の浦の話より上に表示されてしまうので、とりあえずこちらで紹介してみました。

一位は札幌、三位は横浜と函館だそうです。京都は評価が大きく分かれる都市なんだそうです。。。

2006-09-06 14:47 : 管理人のひとりごと : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。