スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

インドの時代―豊かさと苦悩の幕開けの書評

sawaです。

インドの時代 豊かさと苦悩の幕開け インドの時代 豊かさと苦悩の幕開け
中島 岳志 (2006/07/22)
新潮社

この商品の詳細を見る


出版社からのコメント
 これが現代インドのリアル! 国家の繁栄の裏にある人々の苦悶を直視する最新レポート。
 IT産業の勃興や高い経済成長率、中国を牽制するための外交・軍事カード……、「21世紀の大国」として世界の注目を浴びるインド。「中国の次はインドだ!」という世界的ブームの裏で、国内では政治と宗教、消費文化と精神世界がせめぎ合い、人々は、豊かな生活を享受する一方、伝統やモラルの喪失など、新たな苦悩を抱え始めた。
 激変するインドの政治・経済・宗教・生活を詳細にレポート。物質的豊かさを享受する一方で、精神的空白を抱え始めたインド中間層の人々。そうした「空白」を埋めるかのように、宗教とナショナリズムが巧みに結びつき、新たな「精神」が形づくられようとしている。
「これは、一九八〇年代の日本のバブル経済期に、オウム真理教のようなカルト宗教が拡大し、ナショナリズムの主張が徐々に高まってきていたことと相似している。
 私は、インドでもこれと同様の問題が起きつつあると見ている」(本書より)
 新聞や経済誌では決して報じられない、生々しい現代インドの姿。『中村屋のボース』で注目、気鋭の論客による現代インド社会論。


朝日新聞に書評が載っています。
インドの時代―豊かさと苦悩の幕開け [著]中島岳志
2006-10-04 15:48 : 本の紹介 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。