スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

卒論中間報告:町名復活にみる地域アイデンティティ

1.テーマ:
「町名復活にみる地域アイデンティティ」


2.目的:
町名復活運動をみることで、地域内のローカルなアイデンティティ、地域イメージの基盤にあるものを探る

3.予想される結論:
・上からと下からの支持による町名復活の成功
・町名は地域の人々の記憶・意識の中で生きているものであり、生活に根ざしている。
・町名は、域内・外の人にとって、その中身は違ってもある意味を持っている。
とりわけ町名に対して意識の高いのは域内の人か。地域アイデンティティにも影響 
外向けのイメージとしての役割をあわせもち、その場合は主に観光・文化などの地域イメージに結びつけられる。
⇒町名復活地域における地名と場所性・地域性とそれが地域イメージ・地域アイデンティティに果たす役割

4.章構成
 Ⅰ.はじめに(導入)
 Ⅱ.町名復活地区の紹介
    A)歴史
     )金沢の歴史
     )復活地域の歴史
)城下町時代における性格・役割
    B)現在の様子
)住民の属性(性別・職業・移動などについて)
     )場所の属性(現在の都市金沢における性格・役割)
 Ⅲ.町名復活運動
    A)町名復活運動とは
     )復活した町名
     )古絵図、過去の地図との比較
    B)町名復活運動の動き・流れ
)上からの(行政による)動き
     )下からの(住民による)動き
     )今後の動向
     )他地域の町名復活運動
 Ⅳ.町名復活運動の意義
     A)住民側の意義
     B)行政側の意義
 Ⅴ.町名復活運動に見る地域アイデンティティ・地域イメージ
     A)地域アイデンティティ
     B)地域イメージ
     C)地域・コミュニティ形成との関わり
Ⅵ.まとめと今後の課題

(メモ)
意義…住民、行政以外にとっての意義?
アイデンティティ&イメージ…個人的?集団的?商業的?日常的?


5.参考文献:
・歴史新書『城と城下町』 小和田哲男 1979年 ニュートンプレス
・『加賀百万石』 田中喜男 1980年 教育社
・『町並みまちづくり物語』 西村幸夫 1997年 古今書院
・『地域づくり -創造への歩み-』 宮口侗廸 2000年 古今書院
・『郷土 -表象と実践-』 「郷土」研究会 2003年 嵯峨野書院
・『地域イメージとまちづくり』 石見利勝 田中美子 技法堂出版株式会社

 他、「場所性」に関わるもの、絵図に関するもの、観光に関わるもの
2006-10-11 16:06 : 学部ゼミ情報 : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

景観もシンボルも何もないのに町名や地名だけが残っていて、その町名に対する強い思い入れ。

一方で、町名や地名は残っていないのに、歴史や記憶が色濃く残っていて、その地域に対する強い思い入れ。

同じようだけど、違うんですよね。地名って、不思議な世界です。
2006-10-11 23:50 : あいざわ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。