スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『人文地理学』第13章

第13章 政策科学としての人文地理学

1 地理学の応用

 ◎風水論→地理
 ※現代科学における風水論は地磁気と人間との関係を探っている(wikipedia)

 ◎日本の「地理」
 水害地形分類図→洪水地形分類図→土地条件図
                →ハザードマップ
2 地理学と地域政策

1、 地域の概念と構成要素
◎「地域(region)」=
 「周囲の地区とは異なるものとして判別できる、自然的あるいは人工的な特徴を持った地表の任意の区域」
  ※「地区(District)」=一定の区域の土地。一区画の土地。
  ※「区域(Area)」=ある地域や範囲を区切ったその一つ。

 ◎地域概念の二重性
  −自然/砂漠地域、熱帯雨林地域
 −人文/都市地域、商業地域
   −内生的/自然村落、工業「地域」、都市圏
  −外生的/工業「地区」、市街化地域、市街化調整地域
 →※地域概念を抽出しよう
 ・ドヤ街、風俗街→
・ 裏山→

◎ 「国土総合開発法」
※ 第三次吉田茂内閣/池田勇人大蔵大臣

2、 地域政策の概念と地域政策の成立
・ 系統地理学=人文・自然地理学
・ 地域地理学=地誌学
※地域研究は国際関係学の一分野であり、地理学ではない
3、 スタンプの功績と地域政策
・ スタンプは土地利用研究を通してイギリス政府の制作や計画の立案に深く関与するとともに、
その推進についても 積極的に取り組み、地理学の有用性を社会に認識させる上できわめて重要な役割を果たした
※ 「LSE」(London School of Economics and political science)
→経済学が特に有名であり、非アメリカ系世界トップレベルの研究・教育機関。また社会学や国際関係学など多くの新しい分野を開拓するなど社会科学全般において多大な貢献をしている。
ギデンズがここに務めていたとともに、ローリングストーンズのミック・ジャガーはここを中退。

3 ヨーロッパと日本の地域政策
1、 イギリスの地域政策
・ 1945年/工場配置法 → 指定地域、戦前より大きく好転
・ 1958〜67年/一連の政策 → 助成を受ける地域に住む人口の割合が44%に
・1979年/サッチャー政権誕生 → 新自由主義的改革進行、地域政策と都市政策のクロスオーバー

2、 フランスの地域政策
・ 「パリとフランスの砂漠」/グラビエ → 格差是正
 ・地域政策としての工業の地方分散策
 →投資制限策 / 立地規制策
 →誘導策 / 均衡都市、産業立地拠点の選定(類似都市、ニュータウン、自立港湾)

3、 EU(ヨーロッパ連合)の地域政策
・ 「ECにおける経済的統合の推進は、構成各国それぞれの地域政策的努力を弱化させることなしには達成できないことである。」 ※議論しよう、マップを用いてp365,.
・ 農村開発政策(LEADER)/ 構造政策として
→背景/・農産物価格支持による農産物の過剰在庫の顕在化
    ・財政負担の増大・域内農産市場に対する国際化圧力の増大
    ・農村地域での離農者の増大 ・就業機会の喪失 ・人口流出・高齢化
  →思想/「農村地域のバランスが失われればEUの繁栄はありえない」
  →実践/「後進地域の経済的再編」
      「条件に恵まれない農村地域での経済基盤の多角化」
      「低人口密度地域での地域開発」
4、 日本の地域政策
・戦後/過密・過疎問題、失業・雇用問題、郊外・環境問題
→国土総合開発法/21地域が特定地域総合開発計画
・シビルミニマム、ナショナルミニマム

2008-01-10 17:32 : 『人文地理学』(07学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。