スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『都市社会学』第6章

第6章 都市の人口移動 ~人口のバランスシートと地域政策
    キーワード:人口流出 移動理由別移動者数 転出•転入


1. 若者の流出に悩む地方都市

① 人材を喪失する地域

地方市町村の若者…2、3月になると関東、関西、地方中枢都市へ移動
(目的…大学や企業への進学•就職など)

       ↓

このことは家族にとっては◎
But! 地域社会にとっては×

★ 人口流出問題とは…地域社会から中枢都市への「住居の変更を伴う移動」=「人口移動」によって、地域社会から貴重な人材が失われていく問題

② 移動理由と人口政策

今までは…人口減少に悩む地方自治体 → 様々な政策(ex.企業誘致による雇用の維持•拡大策、帰郷者への各種の優遇策をもりこんだUターン対策、地域の若者を引き留めるための大学等の高等教育機関の誘致政策など)

But! これらの政策は転出転入理由項目ごとの人口の転出入数のバランスシートを逐次点検して練られてきたわけではなかった

これからは…なぜ人が当該の自治体に入り、また出て行くのが、という人口移動の諸理由とそれらの理由ごとの出超、入超規模に関する特徴を明らかにする必要がある

③ あらたな戦略拠点

最近は…いくつかの県で条令により従来の住民基本台帳による人口移動統計調査に移動理由の調査項目を組み込んで、移動理由別移動者数の実態の調査が実施されている

★ 移動理由別移動者数の統計…行政の政策担当者はもちろん、都市社会学者にとっても重要

→ここから福島県のいわき市の事例をもとに見ていく

④ 地方から都会への流れテーマ(表6-1対応)

いわき市=人口流出問題に悩む典型的な都市

⑤ どんな移動理由があるか

移動理由別移動者数の統計において設定された9つの移動理由

�鵯、就学•卒業
�鵺、転勤
�鶚、転業•転職
�鶤、就職
�鶩、退職•廃業
�鶲、婚姻
�鷄、住宅•通勤事情
�鷁、養子縁組•離婚•家業継承•親との同居
�鶻、その他(同伴など)

⑥ 人口方程式との関係は

式:増加人口=(出生―死亡)+(転入―転出)=自然増加+社会増加


2. 理由別に移動を見る

① 移動の季節的リズム(表6-2対応)

•�鵯と�鶤(就学、卒業、就職)は3、4月に集中
•これに伴い家族の転勤や同伴も季節色が強くなる
     ↑
     ↓
•婚姻、退職•廃業、転業•転職は一年を通して移動があり、季節色は弱い

② 人口流出と回復(表6-3対応)

いわき市の場合…3月に大幅な出超があるが、それ以降は徐々に人口を回復させるという特徴がある

③ インバランスの原因は(表6-4対応)

★ただ単に入超や出超の規模そのものを問題とするのではなく、それらを全体の転入•転出の規模との関係で相対的に位置づけ、考慮する必要がある

→相対性をはかるための指標が『不均衡度指数(インバランス)』というもの

式:不均衡度指数=[(転入人数―転出人数)÷(転入人数+転出人数)]×100  ただし、-100≦不均衡度指数≦100


3. 個別に問題追求しよう

① 就学•卒業の出超問題を追いつめる(表6-5対応)

→15~19歳の出超の原因は、男女どちらかというと女性の大幅な出超に原因がある

② 就職の出超問題を追いつめる(表6-6対応)

→高等教育機関の充実とその卒業生の雇用機会の創出がともに図られなければ、若者を地域に定住させることは困難

③ 退職•廃業入超問題を追いつめる(表6-7対応)

→高齢者の転入が多いと思われがちであるが、実際は若者も多い


4. ピンポイントの地域政策を求めて

今回見てきたいわき市の移動理由別移動者数調査により、人口流出(出超)に関して3ー①、②で述べたことが明らかになった

→3ー①、②を総合してわかることは、いわき市には若年層に対する教育、雇用の面での対策の必要であるということである

★ このように、当該地域に移動理由別移動者数調査を行い、その調査結果から導きだされる地域特有のピンポイントの政策を実施することが重要である


論点

•表6-1から読み取れるように、都市への移動では「職業上」、「就学」という理由が圧倒的な割合を占めている。ということは、若者の都市への就学•就職による流出を食い止めることが地域社会にとって最も優先すべき課題といえるが、それを食い止めるほどの「魅力ある地域社会」とはどのようなものか。

•少子高齢化社会である現在において、特にその進行が著しく進んでいるのは地方(田舎)である。地方(田舎)では、高齢者の割合が増え、その介護をする若者が減少している。ではそのような問題を抱える地方(田舎)における打開策とはどのようなものがあるか。

2008-06-12 14:32 : 『都市社会学』(08学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。