スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『都市社会学』第8章

第8章 都市空間と祭祀空間
 ―祭りの都市社会学にむけて―  (阿久津昌三)
キーワード
都市の祭り 祭りとイベント 縁


1多様な都市祭礼
○「たけくらべ」の世界
樋口一葉の『たけくらべ』
龍泉寺界隈の吉原遊郭に隣接する裏町を舞台 
千束神社の夏祭りから大鳥神社の酉の市までの祭りの風景と子どもたち

明治20年代の龍泉寺界隈 
東京の市街地と郊外の農村部が交錯、周辺は半農村的景観

『たけくらべ』では
村落の祭りと都市の祭りを通して祭りがどのように推移しつつあるのかをとらえている
・千束神社 夏祭り 村落の祭り
・大鳥神社 酉の市 都市の祭り

☆昔の夏祭り=「地縁」にもとづく農村共同的社会の精神的基盤
But明治初期には全国の神社の社格が定められ、ヒエラルキーがつくられる
→千束神社 格下げ 先進的基盤の機能喪失

○祭りと町内社会
☆「たけくらべ」は都市化のプロセスのなかで、村落の祭りを中心とする共同体の崩壊をえがいている。
近代資本主義の展開のなかで祭りが変貌 農業の神→商売繁盛の神




「町内(まちうち)」社会 都市の生活集団から成立
①無性格的
②内向きに構成←自律しているが、防衛的
③生活環境整備や人間関係維持以外の共同行為が貫徹しにくい
④商工業者の「家」集団からなる戸主中心

「町内」社会は江戸末期に形成、大正後期から戦間期に変容、高度経済成長を機に消す

○祭りとイベント
①戦後 伝統的な祭りが復興 
例:徳島 阿波踊り 京都 祇園祭 大阪 天神祭 

②祭りの復興と同時期に
都市商業の振興と発展を祝う祭り、観光客誘致の祭りが登場
例:高知 復興祭 名古屋 商工祭 
高知 よさこい祭り 名古屋祭り

③1956年から1973年 高度経済成長期
地域の歴史や伝統にこだわらない新しい祭りが誕生
行政主導型の祭り
例:長野 びんずる 神戸 神戸まつり 高島平団地まつり  

☆祭りとイベントは国の政策と関わりがある!
1950年 国土総合開発法 制定 
全国総合開発計画(全総)←国土づくりのビジョンを示す
神戸まつり=行政主導型のお手本

イベント=「個性豊かな地域づくり」
地方博の経済効果へ期待 1989年地方博覧会ピーク

☆1998年 第五次全国総合開発計画 策定
今後も新たな祭りやイベントが創造されるであろう



2都市祭礼と生活文化
○都市祭礼の研究

米山俊直 都市の祭りの調査
祇園祭 山鉾町の町組 「地縁」中心
天神祭 同業者団体  「社縁」中心


○都市祭礼の調査方法
米山俊直 学生を班に分け、京都の祇園祭を調査
①「町衆班」 町内組織と生活様式を調査
②「見物班」 祭りの観光客 交通規制 マスコミの動きなど調査
③「だしもの班」 山や鉾などの山車の全過程を調査
④「本質班」 祇園祭とは何か、祭りの歴史の変化の調査

松平誠 川越祭りの調査
「謎解き法」 P.166の図参照

○「選べない縁」と「選べる縁」
P.167図参照
「血縁」 家族や親族
「地縁」 町内社会 町内会
「社縁」 会社や事業組織など

上野千鶴子 「選べない縁」と「選べる縁」の提唱
→「社縁」は血縁・地縁以外が全て含まれてしまっている
血縁・地縁・社縁=選べない縁 その他の縁=選べる縁

現代の都市では
「選べる縁」により、共通の関心や目的をもつ人々が「場」を形成
→集団帰属の「選択」
☆祭りは「選べない縁」から「選べる縁」へと変える機会




3都市祭礼と民族文化
○祭りと都市空間
長野の祇園祭における祭りの変化
かつては善光寺周辺の町内社会中心であった祭りが、市町村合併や地震の発生により意味を喪失

○祭りの創造
「祇園祭り反省研究会」創設→新しい祭りのきっかけ
祭りが分離独立→「長野夏まつり」

行政主導型の新しい祭りは長野県下の各市町村に伝播

○結衆の原点 「町内」から「連」へ
「連」→同じ町内に住む集団であったり、同じ学校であったり、趣味の仲間のグループ
長野びんずる 地縁以外にも社縁、学縁も含めた「連」を単位
第1回(1971年) 連の約半数が地縁
第14回(1984年)町内を単位とする連はほんのわずか 社縁・学縁中心
→町内を単位としない縁でもさらに「選べる縁」「選べない縁」に分類できる

○祭りと社会変動
☆祭りは個々のコンテクストのなかで、祭りはどう変化し、変化しなかったのかを見ていかなければならない。
都市以外の祭り 戦後、とくに高度経済成長期に 衰退または消滅
都市の祭り  「縁」の変化のなかで衰退

論点
●神戸まつり=行政主導型(神戸市) 京都 祇園祭=地縁 大阪 天神祭=社縁とされていたが、「縁」と祭りの関係においてなにが重要か。
●イベントや祭りで地域活性化するために、祭りはどのように変化していくか。またどのような祭りが消滅し、創造されると予想されるか。

2008-07-10 17:10 : 『都市社会学』(08学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。