スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

第2章 地域とは何だろう

第2章 地域社会とはなんだろう (森岡 清志)

【本章の目的】
地域社会という単語の定義づけと、そこに至るまでの迷走を学ぶ
*地域:一定範域の空間とその内に成立する社会システム
*地域社会:地域から切り取られる「地域性」を軸とした社会システム

1:日本の社会学と「地域社会」概念
*本節ではこれまで、社会学者がどのように「地域」「地域社会」をとらえてきたのかを示している
 「地域社会」概念の変化の中で見られる混乱の原因を述べている

自然村概念とその影響
【鈴木栄太郎「自然村」概念】
 幕藩体制時の行政村が明治以降に旧村となりつつも社会集団間や個人間の関りが密接であることから
旧村という空間が基礎的な地域社会としての機能を果たしている点を指摘、自然村と名付ける
【「自然村」概念を受けて】
 自然村の特徴は「行政区域からの転換」「個々人の社会的つながり」の2点であったが
鈴木の「自然村」の影響を受けた社会学者は「個々人の社会的つながり」のみをとらえ、
 都市社会の研究においても「自然村」に類似した社会的境界と社会的意識の発見が基準となった

パークの自然地区概念の輸入と適用
自然村の影響を受けた社会学者は、都市の中に伝統的共同体やその枠組みを見つけることに躍起になり、現実社会での<地域>と社会学での<地域>に乖離が生じた。そこで、海外の著名な概念の意味を歪曲させることで半ば強引に「自然村」概念を貫いていく
【パークの自然地区概念】
 新興都市への人口移動の過程で、人々が居住地争いを行い、自然に「棲み分け」行うこと
 都市計画や町割りが無い中でも人々が住むべき区域に分かれていくことを指す
【日本での歪曲点】 
「棲み分け」への過程が地域社会での関係の累積によって出現したものであるとし
「自然」の解釈をも捻じ曲げることで「自然村」概念と結びつけた



マッキーバーとヒラリーの業績の転用
【マッキーバーのコミュニティ概念と歪曲点】
コミュニティ=社会的共同生活が営まれる地域空間(村、町、都市)
アソシエーション=人々の共通の関心を満たすためのもの
日本ではコミュニティへの規定(社会的共同生活が営まれる地域空間)や共同性を強調して理解される
【G.Aヒラリーのコミュニティ概念と歪曲点】
様々な学者の94のコミュニティ定義を吟味したヒラリーはそれらをまとめ、
①コミュニティ構成員の相互作用 ②コミュニティごとの空間境界 ③心理的絆を支える共通規範や感情
という3つの視点がコミュニティを規定するものとしたが、「自然村」理解を支える格好の素材となった

現状分析概念と期待概念の並立:もう一つの混乱
【「コミュニティ」と「地域社会」】
1969年に国民生活審議会コミュニティ小委員会の報告書により、大都市における地域社会機能衰退を回復させるものとして「コミュニティ形成」が論じられるようになった
コミュニティは地域社会の英訳であり、社会学者の大半はコミュニティ=地域社会ととらえていたため、コミュニティ(=期待概念)と地域社会(=現状分析概念)といったニュアンスは混同され混乱の原因となった


2:地域社会の空間範域
*本節では「地域社会」概念の混乱の原因をまとめ、新しい概念定立に向けた提言をしている
 前項で触れた所説の歪曲された説を見直すことで、既存概念の見直しを行っている

コミュニティと地域社会
コミュニティは期待概念、地域社会は現状分析概念であるが、両者は相互に作用している。
期待概念は現状がなければ、現状分析概念は理想がなければ存在しえない

旧来の背後仮説
「地域社会」という概念が混乱を極めたのには社会学者が、自然村にみられる地域社会を都市の中にも見出したいという願望や、期待、信念、こだわりがあったことが大きな原因である
実際に都市化の中でもある程度の地域社会性が証明されていた時期もあったが、高度経済成長期以降の日本では都市の中での地域社会性が失われ、都市の中では「地域社会」が存在しなくなった

新しい概念定立に向けて
上記の過程を経て、従来の「地域社会」概念は今やその現状分析概念としての機能を果たしていないことがわかった。旧来の概念から解放され新しい概念を設定する為には「自然村」に端を発する諸々の概念を放棄し、これまで歪曲して捕えてきた諸説の見直しが必要である

二つのタイプの共同性
認知されている共同性:共同生活を通した共通の社会規範や共同性
鈴木とパークの共同性:一定地域に居住することで必然的に共有している資源を通した見えざる秩序
⇒鈴木とパークは「前社会状態」「コミュニティ」という言葉で共同性を示している

地域空間の限定
これからの地域空間の研究にあたっても範囲指定は必要な要件であるが、領域を決めるにあたり
行政区域と重要な機関の利用圏を重視した地域空間画定が必要である


3:新しい地域空間の概念
*本項では前項までの文脈を踏まえた上で、これからの「地域社会」概念を確立していくための規定や分析方法を具体的に示し、まとめている。

地域社会概念の新たな規定
【新しい「地域社会」概念に向けて】
概念定率の軸として求められる3つの基準
①「共」の空間を作り出せる住民自治の回復と拡大を実現できる社会空間であること
②「専門処理システム」という資源を媒介とした地域社会の広い意味における共同性を措定すること
③社会関係の累積や共同規範といった基準を廃し、現状分析に有効な一般的概念として定立させること
【地域社会とは】
広義には居住地を中心に広がる一定範域の空間―社会システムを意味し、具体的には基礎自治体の範域を最大の空間範域とし、居住による共同問題を処理するシステムを構成要素として成立する社会のこと

地域社会の重層的構成:地域空間の画定
地域社会の情報処理システムは重層的構造を持っているため、空間的領域の範域も区分が必要である
第1地域空間・地域社会:基礎自治体・区
第2地域空間・地域社会:中学校区・連合自治会
第3地域空間・地域社会:小学校区
第4地域空間・地域社会:単位自治会・町内会
といったような重層構造に分けることが求められる

地域空間別問題処理システム:地域社会における共同性
問題処理システムは住民が必然的に利用するシステムであるため、そこには確実に人々のつながり、共同性が現れる。この共同性は前述の重層構造下で、より下位層に位置する空間でのシステムの方がより深く生活に根差したシステムであることが多い
今後の地域社会概念は地域空間と地域社会の重層構造に対応し、問題処理システムを現状分析の手段として利用していくべきである

論点
①地域社会の重層構成には本文例以外にどのような形が考えられるか。その構造は行政的区分以外には考えられないのか。また、その場合の問題処理システムとはどのようなものが考えられるのか。
(ex:ホームレスなど、行政に縛られない生活を営む人々に関して)
②筆者は生活において必然である「問題処理システム」が否応なしに共同性を持つとしているが、末端の問題処理システムの例として挙げられている「ゴミ分別」や「どぶさらい」「清掃活動」に参加しない人々や、そもそもそういった行事が行われない地域が増えている。こうした状況下では「問題処理システム」自体が住民にとって生活に必然のものではなくなっていることが想定されるが、そのような時でも失われない「共同性」は存在するのか、また仮に「問題処理システム」を共有していない場合は居住地が隣接している場でも地域・地域社会とは呼べないのだろうか。

2009-04-30 22:55 : 『地域の社会学』(09前期学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。