スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

第5章 地域が歴史を創り出す

第5章 地域が歴史を創り出す


1.地域の歴史を考える
<社会が歴史を創り出す>
・社会学の立場から地域を考えるとき、現代の社会が歴史を創り出す過程に特に注目する必要がある。 ∵国史論争etc
・地域の歴史を社会学的に考えることは、地域の歴史が創り出される過程を解読すること。
      方法:構築主義、言説分析etc

<社会の歴史的起源を探り当てる>
・社会学の目的から考えると、地域の歴史を考えることは「現在の歴史的起源を探り当てること」という別の可能性がある。
  特徴1.現在の社会の姿に正負の価値をおかない。
  特徴2.現在の社会の姿に強く関連づけられた、一貫した筋をもった物語を用いない。

<社会と歴史の対抗的相補性>
☆課題:地域の歴史を社会学的に考えること
  →「地域が歴史を創り出す次元」:現在の地域が自らの歴史を物語として創り出す過程を解読すること。
  →「歴史が地域を造り出す次元」:現在の地域を造り出した歴史的起源を新たに探り当てること。

2.地域が歴史を創り出す次元の諸問題
<歴史を創り出すことをめぐる諸問題>
問題1.歴史創造の主体は誰か。
    →地域を支配する権力者 or 地域に居住する市民すべて
問題2.創り出される歴史の内容は何か。
問題3.何のために歴史を創り出すのか、歴史の政治的機能は何か。
    →地域の集合的アイデンティティの調達
<私人が創り出す私的な歴史>
Ex.石川県野々市町の場合
⇒論点1.歴史を語る主体についてみれば、私的史料集と公的史料集は混同できない。
 論点2.私史と公史は、誰が書いたかではなく、何をどのように書くかまでが構造的に対立している。

<私史か公史か>
※私史を寄せ集めただけでは公共性をもった歴史に結晶することはない。
※地域が歴史を創り出す次元
  →公私の様々な多様な利害が角逐。これを見分ける必要がある。
  →自らの語る歴史の特殊性とそうでない歴史の特殊性を比較・検討すべき。
※不特定多数の私史の関与によってつねに公史が補強されていくことは重要な社会的過程である。

3.聴き取り調査による戦略的着手
<語られる歴史>
・地域が歴史を創り出す次元の社会学的分析=聞き取り調査
          ∵歴史を創り出す行為と歴史が創り出される瞬間を捉えられる。
☆聞き取られた話が歴史であるとは。
 ①聞き取られた話が歴史と呼べるだけの、時間軸をもったひと連なりの秩序を持つこと。

<個人化した社会における語りの問題>
 ②聞き取られた話が地域の歴史であるといえるだけの、話者の集合性や内容の共通性を備えた話であること。    Cf.「語りの個人化」

4.歴史が地域を造り出す次元をめぐる諸問題
<社会学的方法の適用>
・地域の歴史的起源を探り当てる作業…固有の事情・過程を1つひとつ明らかにしていく無限の運動である。
※社会学の立場から無限の運動に関与するとは。
    →それぞれの研究目的によって研究分野を限定し、学問固有の理論と方法によって、時系列的連続・断絶を探求すること。

<社会意識の歴史的発生>
☆社会学の場合
 1.社会学が個人の社会意識の意味を探求する知的営為であるならば、個人の郷土への関心や愛着、義務的拘束を、書かれたり、語られたりした史料から解釈しつつ探究すること。   Ex.文化資源学の木下直之

<基礎的社会集団の消長>
 2.社会学が集団と集団間関係の消長を探求する知的営為であるならば、ある地理的範囲において歴史上もっとも広範かつ長期的に存続したと思われる集団を単位として、その内部構成や対外関係の長期的変動を、歴史上の事件や史料を断面図的な手がかりにしつつ探究すること。   Ex.経済史学の中村吉治

<制度の社会的編成替え>
 3.社会学が具体的な実在としての人間の集合態を制御する制度を探求する知的営為であるならば、身体や行為の集合態の特殊な編成を、それらを制御していると考えられるモノやコトバと関連づけて探求すること。   Ex.近代都市における大病院
    ⇓
※どの問題に関しても現在の社会の特殊な成り立ちを相対化するような視点がある。
※歴史を考えることを通して、現在の社会の新しい見え方に出会う。

5.調査研究の具体的な手続きと着手点
<言葉からモノへと関心を広げる>
☆2つの次元の調査研究の具体的な手続きにおける基本的な論点
【地域が歴史を創り出す次元の調査研究】
・人々が地域について語ることを聴き取ること。(=戦略的着手点)
・人々が地域の歴史を行為として表現すること。
・そうした行為によって遺されたり、新たに創られたりする建造環境に注目すること。
・行為のみならず、静かなたたずまいにも注目すること。

<理論と方法の一貫した適用>
【歴史が地域を造り出す次元の調査研究】
・現在の地域の姿を絶対視しないこと。
・時間を遡っていくなかで答えを見つけ出すこと。
・重要ポイント:一組の理論と方法を策定し、それらを一貫して適用すること。
          a)社会を記述する際の単位の大きさの設定
          b)社会を制御する制度の効力の質的把握
          c)目に見えない関係を目に見える事実としてどう描きだすか

<まず、地域を歩いてみる>
※作業の着手点:地域を歩いてみる。対象となる地域に自らの身体を投げ入れること。
=「ぶらり旅」、感覚重視、身体の活用
≠フィールドワーク、机上であらかじめ決まるもの


≪論点≫
1.本文に「私史を寄せ集めるだけでは公共性をもった歴史に結晶することはない」とあったが、なぜ、私史を集めるだけではダメなのか。
2.神戸という場所は、「地域が歴史を創り出す次元」なのか。それとも「歴史が地域を造り出す次元」なのか。


個人的に…
・「常識の科学的反省」とは具体的にどういうことか。
・「M.ウェーバーの理解社会学」「イエ・ムラ論の社会学」「E.デュルケムの社会学主義」とは何か。

2009-05-07 21:13 : 『地域の社会学』(09前期学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。