スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

第7章 グローバル都市システムをつくるもの ―― ネットワークと階層

第7章 グローバル都市システムをつくるもの ―― ネットワークと階層

グローバルな規模でもう一度考えていく上での二つの問題

・ ニューヨーク・ロンドン・東京の三都市はたんに競争しあっているわけではない

・ ニューヨーク・ロンドン・東京とほかの大都市との関係は?

●ネットワーク化されたシステムへ

グローバルに展開する複雑な事業にとって社会的なつながりが重要であり、ネットワークが越境的に成長 (第5章)

① 規制緩和された金融センターがネットワークを通じてグローバル市場に統合、金融業務が国境を越えて行われ、金融センター間での分業体制

② 国際金融センター → 国内外の資本の出入口(ゲートウェー)として機能

③ 出入口としての機能は金融危機が発生した場合の出入口でもある

④ 金融センターがいくつか集まり、専門特化した分野で協力しあう

⑤ 東京:資本の重要な出所、金融システムを動かす重要な都市であり続ける

⑥ 香港:さまざまな世界が交錯する場、中国と諸外国の企業を結ぶ戦略的な結節点

⑦ 電子的なネットワークの規模の拡大 → 電子商取引を通して新しい取引の形

  だからといって、金融センターという物理的な場がお払い箱になるわけではない

●拡大と集積

二つの現象が同時に起きている

・ 金融のセンターがつぎつぎとグローバル市場に統合されていること

・ 資産が集まる地域にはばらつきがあり、センターの中でもさらに主導的な位置にある場に過剰に集積していること

→この流れの中でもっとも劇的な変化が起きたのは東京の株式市場

1980年代始め 東京市場 < ニューヨーク市場

1980年代後半 ニューヨーク市場を抜いて世界最大の株式市場となる

ニューヨーク・ロンドン・東京で1988年には世界100大銀行の半分、証券会社上位25社のほとんどを占めていた → 1997年には28行、19社まで減った

銀行では資産・資本・収益の占有率も低下

証券会社は数が減ったにもかかわらず、全資産・資本の90%以上を占める

ニューヨーク・ロンドンと東京の違い

→ 膨大な資源の集積 → 規制緩和により流動化

●国際取引における主要通貨

日本の円

1980年代 ドルに次ぐ重要な国際通貨

ユーロ円市場の実現により日本円の使用の増加

●国際的な不動産市場

1980年代ニューヨーク・ロンドン・東京などで地価の高騰

→高給専門職層の主要都市での急増

その一方で起こる格差:その背景には郊外化によって始まった長期的な変化

国際的な不動産市場の拡大

・機関投資家の金融市場への参入

・主導的な役割を果たす金融センターの有無

この中で重要なのは都市中心部の不動産開発のうち、出資者も所有者も金融業であるものがどの程度あるか

この程度により不動産市場が循環される傾向が強まる → 建造物の商品化

●まとめ

ニューヨーク・ロンドン・東京の三都市には外資系のサービス企業と金融企業が集積

→政府の参加、関与が少なくなり、越境的な経済空間の形成

特定の都市への過剰な集積が進む中、越境的なネットワークに加わるグローバル・シティの数は増えてきている

→このネットワークがグローバル経済の組織的な構造を支える重要な要素

2009-06-26 18:15 : 『グローバル・シティ』(09前期院ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。