スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

第9章 経済再編 ― 階級と空間の二極化(前半)

第9章 経済再編 ― 階級と空間の二極化 (前半)

前章で扱ったような雇用・賃金統計

→ 経済や社会の秩序を形作る要素のすべてが数値化されているわけではない

 数値では表わされないもの =   ・家庭内産業労働

                 ・インフォーマルな不安定就業労働市場での雇用

                 ・グローバルシティ内での生活様式

 本章でのアプローチ

  三都市の固有性を検証 → 主導経済と三都市の経済基盤を構成する他の要素を関連付ける

       ↓

ダイナミクスの解明


1.主導セクターへの全体的な影響

 経済の中心が高度サービスの都市では、主導セクターとその他の経済セクターはどのようにつながっているのか?

 3つのモデルからの分析

 ①一般的な経済発展論

  経済発展に伴い、市場と市場における諸関係が社会制度に影響するようになる

→ 労働市場では、労働者や労働年齢に達した人々が正規の労働市場に組み込まれていく

(ex.第二次世界大戦後の高度成長期)

労働市場モデル制度化の最終形態 = フォーディズム(経済発展とともに制度化が進む)

問題点

 先進国の大都市 … 包括的な正規労働市場が十分に開拓され、労働者が編入してくる

  不安定就業が増えてしまった場合の原因が先進主導セクター以外にあると解釈される

   

②経済の基盤産業と基盤産業ではないものを対置させるモデル

 輸出向けの経済活動(基盤産業)= 乗数効果を生み出す媒体

 基盤経済でないセクターの発展 = 新しい成長を生み出さない

 問題点

 グローバルシティの様々なセクターで、基盤産業の恩恵が見られるはず...


 ③脱工業化経済

  「サービスの序列」byベル

   運輸・流通サービスから生活の質の向上に関するサービスに

知識頼みの社会化 →「科学的知識をどうまとめていくか」が中心課題に

専門知識が重視される中小企業が成長する

企業と労働のあり方がより人間らしく、社会的になる


   問題点

    ・インフォーマル雇用・不安定就業の増加との関係

    ・小規模事業者の参入による経済活動のサービス・セクターへの集積の質的変化

    ・小企業(低賃金労働・低収益)の増加と経済の先進セクターとの関係

 

昔の成長の終焉と現在の成長の始まりには関係があるのか?

  昔の成長 → 郊外化と関連したセクター(消費財、資本財産業、建設業etc.)

   | ←明らかな「断絶」

現在の成長 → 金融と企業者サービス


 経済成長の形の変化による社会の形の変化

   大企業化→中産階級の増加 → 生産の標準化を促す消費パターン

→ 一定の条件下での組合化 → 平均的収入以上の者に好都合な諸権利の保障

   ※でも現実は、規模が小さいほうが推奨され、標準化は進まず、雇用は不安定就業へ


 経済の中心に対するサービスの登場、サービス経済への全体的な移行、製造業の衰退

  → 新しい経済セクターが登場し、新旧セクターで労働が再編されたため、大都市では雇用がこれまでとは違う形で提供されるようになった

  そのような傾向は                       

・都市の空間編成

    ・消費、もっと広い意味での社会の再生産の仕組み に現れる

    ・労働市場の編成

                           

2.社会地理

  ・人口の郊外化 … 中産階級の拡大、生活の質の向上

  ・職業の郊外化 … 大工場にとっての都心の手狭さ、情報技術発展によるオフィスの郊外化

   → 一方で、都市中心部に置き去りにされた低所得者層の存在

 

産業・職業・賃金分布の変化が具体的に現れる社会空間(土地利用の変わり様)に注目

  注意点 ・性質上変化しにくい物理的構造

・都市経済規模が大きすぎると主導経済が都市全体に及ぼす影響が限定的になる


断絶 = 主導経済が成長し続けた結果、既存の空間編成が変わったことや、大きな衰退から新しい土地利用ないし社会空間の形態が生じたこと(P.285)


転換期を迎えた三都市の共通点

 ・分散によって人口増加を食い止める方策が国によってとられた

    → 人口減少・雇用喪失による都市中心部の急激な衰退に対する警告へ


 多様な結果を結びつけるジェントリフィケーション

  (ex.高所得者層の著しい集中、消費のパターンとライフスタイルの変化、貧困層の集中と住み分け、etc)


 さらに、今まで注目されていなかったインフォーマル労働の地理的特徴に注目

   → 階級・人種ごとに独特なパターンが存在するのではないか?



○ニューヨーク

1970年代 多くの雇用が喪失(大規模オフィスや本社企業の郊外への移転)

1980年代 郊外での立地係数の停滞と仕事の絶対数の増加

      マンハッタンでの事務職及び経営・管理職以外の職の就業者の減少

1990年代 マンハッタンの中心ビジネスの順調すぎる成長

     (企業者サービス、金融サービス、小売、観光業、コンサルティング、広告、

PCサービス)


①マンハッタンの居住パターン

専門職の急激な増加と高級専門職の都会生活志向(男性よりも女性が中心)

   → 雇いの家事労働者(マイノリティ、移民労働者)に依存

②専門職の種類による違い

  「高度専門職」かつ「マンハッタン在住」= 非ヒスパニック系で45歳未満の若い層

   → 90年代に高成長した証券業で働く専門職、医療・社会サービスにもあてはまる

→ エスニック、人種によって住み分けが進んでいる

③職業構造の変化

  ブルーカラーの減少 … 職場は郊外にあり、マンハッタンにはほとんど住んでいない

  ホワイトカラーの増加 … 職場・住居ともにマンハッタン 


○ロンドンと南東部

 ニューヨークと同様、高度専門サービス業が発展 → 若年高額消費高収入層の形成

 IT従事者の分布は南東部に偏っている(特にシティに隣接する行政区)

  → 同時に、事務職やブルーカラーも増加

  → さらに、ジェントリフィケーションによって、低所得者の居住空間は脅かされる

 

 貧困が集積される区域 = 不利な条件をいくつも抱え込む地域

  → インナーシティ


○東京

 東京の特殊性 = 格差がかなり小規模(都政による経済成長志向の介入の結果)

  → それでもジェントリフィケーションは進行している

  ・1980年代以降、企業者・金融サービスが成長した結果、専門職の需要が増大

    → それに伴って高級住宅市場が拡大し、価格も高騰

  ・一方で、低賃金労働者(特に女性)も増加

    → 価格が高騰した都心では、居住できず

※この2つをつないでいるのがジェントリフィケーション

○東京のインナーシティ(地理学者の中林の引用)

 地域社会の衰退、地域経済の衰退、家屋などの物理的な衰退、マイノリティの存在

   → 商業中心地区ではなく、一昔前の製造・商業の中心だった地域でみられる


3.消費

低賃金労働は消費(あるいは社会的再生産)の領域で生じている。(P.315)

→ 労働集約的な高所得者向けのジェントリフィケーション

インフォーマル化がなぜ必要か?

①直接は労働の構造、間接には成長セクターで働く人々の高収入に基づくライフスタイル

   ・製造業の格下げ

   ・可処分所得が高所得者向けサービスを存続させる水準に達した

②低賃金労働者自身が必要とする消費の存在

インフォーマル化は誰の為に必要か?

高所得者および低所得者


「成長がもたらす経済的な二極化が経済活動での労働のインフォーマル化と不安定化を広げた背景にある(P.319)」→ 高度資本主義の基盤にある特質


大都市では全国平均よりもインフォーマル化の傾向が強く出る

原因 ①大都市では所得分布の二極化、成長セクターの集中、産業内部での所得・職業の

二極化が進んでいる

②大都市に膨大な人口が集中し、安くて規模の小さいサービス業が急増した

③人件費その他の必要性から、そのような企業が大都市に集中した


4、まとめ

 ・現在のジェントリフィケーションは定義も変化し、さらに規模や影響する範囲が昔とは違い、新たに消費イデオロギーを生み出すようになった。

   → その点でインフォーマルな労働が重要になってくる


論点

・おそらく次節で述べられると思うが、ニューヨーク・ロンドン・東京でインフォーマルな労働の形態はかなり違うのではないだろうか。例えば、日本では「雇いの家事労働」は浸透していないが、ワンコール労働やオンコール労働に従事している人が多いと思う。これを反映して、社会地理に違いが見られるのではないだろうか?

2009-07-10 13:10 : 『グローバル・シティ』(09前期院ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。