スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

学部ゼミでした。

2006.6.20

管理人のあいざわです。中高と、男子バレー部でした。

さて。4限は学部ゼミでした。

今日読んだ第5章に限らず、本書に登場する事例にはアメリカの都市が多く取り上げられています。

アメリカの都市と言えば、どんな名前が浮かぶでしょうか?

ニューヨーク?シカゴ?ワシントン?シアトル?

ちょっと前までは、地理学で取り上げるアメリカの都市と言えばシカゴでしたが、最近の地理学では、ロサンゼルスが注目されることが多いようです。『都市社会地理学』よりは、専門的な内容になってしまいますが、たとえばこんな本がよく知られています。

要塞都市LA 要塞都市LA
マイク デイヴィス (2001/03)
青土社

この商品の詳細を見る




ポストモダン地理学―批判的社会理論における空間の位相 ポストモダン地理学―批判的社会理論における空間の位相
エドワード・W. ソジャ (2003/06)
青土社

この商品の詳細を見る



内容を一言で説明するのは、僕にはちょっと無理ですけど、興味がありましたら、どこかで探して読んでみてください。

ところで、北海道の夕張市が、ついに財政再建団体の申請を行ったそうです。

一般的には、企業の倒産と同様であると説明されることが多いようですが、市職員ではない住民が自治体に雇用されているわけでもないので、少し違うような気もします。

具体的には「住民サービスや事業の縮小・廃止」「地方税や使用料、手数料等の歳入の増収処置」「人件費、補助金等歳出の抑制処置」などがあるそうです。『都市社会地理学』の第5章でやった地域政治の話と関連しそうですね。

2006-06-20 17:58 : 管理人のひとりごと : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。