スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

おすすめの本~フィールドワーク向け

2006.6.21

管理人のあいざわです。

卒論やレポートで悩む人に、おすすめの一冊を見つけました。

フィールドワークへの挑戦―“実践”人類学入門 フィールドワークへの挑戦―“実践”人類学入門
菅原 和孝 (2006/04)
世界思想社

この商品の詳細を見る



「フィールドワークのやり方」について、教科書的なアドバイスをしてくれる本というのは少なくないのですが、この本は違います。

大学の人類学の講義の課題として提出されたレポートを取り上げながら、先生が「このレポートはナイス!」「このあたりをもう少し」などとコメントしながら展開していきます。

「フィールドワークの対象となる人びと」を描き出すのがレポートですが、この本では、「フィールドワークに悩む学生の姿」がリアルに描かれています。本の中に、自分の姿を見つけたような気分になれます。

論文やレポートを書くときに、「自分はなんでこんな調査してるんだろう」「この先どうしたらいいんだろう」と悩むことが多いんですね。そんな悩みを抱えながら、いろんなフィールドに飛び込んでいった先輩学生の記録として読めると思います。

見方を変えれば、「食い足りないレポートばかり読まされている先生が、学生のフィールドワークをフィールドワークした本」と言えるかもしれません。

もちろん、レポートやフィールドワークの現場で悩む学生の姿を通じて、「知ること」や「書くこと」の価値を示しているわけですから、ある意味とてもオーソドックスな教科書だと言えるかもしれません。

ぜひ、どこかで探して、パラパラとめくってみてください。

2006-06-21 15:30 : 管理人のひとりごと : コメント : 7 :
コメントの投稿
非公開コメント

↑上のxe氏が誰か分からない方もおられるかもしれませんが、偉大なる澤ゼミOBの方ですのでご安心を。

ちなみに昨日は、xe氏と一緒に滋賀の山奥にある茅葺き集落を見てきました。「まんが日本むかしばなし」に出てきそうな民家がいっぱいでした。
2006-07-10 00:09 : あいざわ URL : 編集
まずは動いてみよう
管理人の世話人、xeです。
自身の経験を交えて言わせてもらうと、迷ったときは・・・
1、まず動くこと(現場に行くこと)
2、リアリティを感じること(頭でなく、体で実感する)
これにつきますな。
だまされたと思って実践してみてくんせ。

それから、卒論をまとめるときに参考になりそうな本を二題紹介。とくに、アンケートとかの分析に、有効かと存じます。

1、高橋信(2004)『マンガでわかる統計学』、オーム社、2000円

2、上田太一郎ほか(2003)『実践ワークショップEXCEL徹底活用活用 多変量解析』、秀和システム、2800円

sawaセンセ、ぜひご検討を。
2006-07-09 23:26 : xe URL : 編集
佐藤郁哉氏の『フィールドワーク 書を持って街へ出よう』は、澤もお薦めのの本で、学部の授業では時々紹介しています。ゼミ生には必ず手にとってじっくり読んで歩いて欲しい書の一冊です。
2006-06-23 11:32 : sawa URL : 編集
『ストリート・・・』を書いたホワイトさんに刺激を受けて、『書をもって・・・』の佐藤さんは暴走族の研究をしたんですよね。どちらも刺激的な内容だと思います。

上記の本は、ある意味「古典」の部類に入るのかも知れませんが、最近ではフィールドワーク本が続々と出版されているようです。何かのブームなんでしょうかねぇ。。。
2006-06-23 06:19 : あいざわ URL : 編集
おもしろそうですね!!読んでみようと思います。
学部の時に「社会調査」の演習に関連して、『ストリートコーナーソサエティ』と佐藤郁哉氏の『フィールドワーク 書を持って街へ出よう』を読んだ記憶があります。どちらも有名とは思いますが、前者はアメリカにおける「やくざ」の研究で、後者はフィールドワークの入門書のようなもので、内容は古めですが、読んで損はないと思いました☆
2006-06-23 00:50 : さまよえるyoshy URL : 編集
「分からないこと」に、勇気が持てそうです。フィールドでは、悩みが尽きませんとも。。
2006-06-21 22:16 : あいざわ URL : 編集
「食い足りないレポートばかり読まされている先生が、学生のフィールドワークをフィールドワークした本」とは名言ですが、私も早速読んでみようと思います。対象が「分かった」と思った瞬間、それはフィールドワーカーにとっての死を意味します。フィールドでの「分かったつもり」は、フィールドに対して目を閉ざすことです。フィールドでの悩むことが、最もフィールドワーカーらしいといえると思っています。
2006-06-21 18:09 : sawa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。