スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

澤ゼミ生が行った『都市のリアル』の議論の紹介

澤ゼミ生が行った『都市のリアル』の議論の紹介を、このブログで紹介したいと思います。
ゼミでは、1回あたり、1章について議論を行います。
1)レジュメ担当者による内容紹介
レジュメ担当者が、テキストの内容に沿いながら、紹介します。内容の紹介の後、レジュメ担当者はゼミで行う議論の論点を2つ提示します。
2)班ごとによる議論
澤ゼミの参加者はおおむね12〜15名程度です。学部の3年生と4年生と大学院生が参加しています。3班に分かれて(1つの班で4−5名)、論点1について模造紙と付箋を道具にして、KJ法を使いながら議論を進め、班のリーダーが議論の内容を発表します。各班(3班)の発表が終わった後、質疑応答を行います。これが終了した後、論点2について、同じ作業を行います。
3)総合司会による議論のまとめ
論点の2つを交差させながら、議論が進み、議論の終了後、総合司会が、全体の議論をまとめます。

上記の1)レジュメ担当者の内容紹介と論点の提示、2)模造紙と付箋を使ったKJ法による班ごとの議論、3)総合司会により議論のまとめを、このブログで紹介します。
模造紙に関しては、デジカメで写真を撮り、画像として掲載しています。各画像は、サムネイルで掲載して小さいですが、クリックすると拡大され、付箋の字を読むことができます。

また、コメント欄を設けております。これはゼミでの議論がゼミの中だけにとどまらず、編者や著者や同じ本を読んでいる人々との知的交流の場になるとの思いで設けました。
いたずらコメントを排除するために、承認制としており、コメントが反映するのに路間がかかりこと、ご了承ください。

ブログの右欄のcontentsに、『都市のリアル』(14前期学部ゼミ)の項目があります、ここをクリックすると、『都市のリアル』に関する記事だけを読むことができます。下記をクリックしても同じ効果があります。
『都市のリアル』(14前期学部ゼミ)

なお、こちらの都合で、第1章から順番に進むのではなく、まずは第10章、第6章という順番です。これは、ゼミ運営の都合です。
それでは、なにとぞよろしくお願いします。
2014-05-01 13:48 : 『都市のリアル』(14年度学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。