スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

地域の社会学 第7章 子育てと地域社会

第7章 子育てと地域社会

1.都市化の進展と子育て環境の変化
 1950年代:高度経済成長
 ・三大都市への大規模で集中的な人口移動、都市化
  地方の「直系家族(3世代家族)」から離れて都心で単身生活
→のちに郊外へ引っ越し、「核家族」を形成
 1960年代~70年代半ば:「夫婦性別役割分業」が確立  
→夫:サラリーマンで終日仕事/妻:専業主婦で家事・育児を一手に引き受ける
=近所づきあいはあまりしない
 
 ・都市化に伴い育児環境も変化
   それまでの育児…「複合的育児」
(育児は家事や労働と一体、同居家族だけでなく親戚や近所の人も必然的に協力、
数多いきょうだいや同年齢の子供たちのなかでもまれる経験)
⇔都市化すると…「単相的育児」
(両親とくに母親による限定的な一面的な育児←性別役割分業の確立による)
 ↓
夫は長時間労働・通勤で育児にノータッチ、親族ネットワークの減少
→母親の負担の増加
⇒「育児ノイローゼ」密室育児」「コミュニティ論」「コミュニティ形成論」

2.1980年代以降に見られる家族の変容
 ・80年代以降の特徴:「未婚化・晩婚化」「既婚夫婦の出生率の低下」⇒「少子化」
  →家族という集団に会する基本的な考え方の変化=「家規範」の衰退
 
 「未婚化・晩婚化」
  →積極的にシングルを選択している人が多いわけではない
   (いい人を探すうちに40歳をすぎてしまっている…)
   (50~54歳の未婚率:男14.0%、女6.1%(2005年))
  →「結婚しない」=「結婚しなければならない」という強制力が働かなくなった
  =「結婚規範」の衰退
    └日本社会において結婚とは家と家との契約だった
     →恋愛結婚になり自由に配偶者を選択できるようになっても、結婚して子供を持つという行為自体が「家」規範と密接な関連を持っていた
 ※70年代までは未婚率大きな変化なし=「結婚規範」「家規範」のはたらきアリ
 ⇔80年代以降明確に男女とも未婚率上昇=「結婚規範」「家規範」の衰退
 ↓
「拡大家族世帯数(その他の親族世帯数)」の減少
 ・70年代…核家族も増えていたが拡大家族世帯数も増えていた
(長兄を実家に残して他の兄弟が都市部へ)
     =この時期の「核家族化」は「家」を否定していない
     =「家」的理念の衰退や「夫婦家族」的理念の進行ではなかった
 ・90年代…拡大家族世帯数の減少
     =老夫婦のみの世帯の増加、「家」の衰退
     ⇒「夫婦家族」化=「家規範」の衰退

・規範の衰退と経済合理性の台頭
 「未婚化」「少子化」は、結婚or子供によって得られる利益が少ないから?
 →これは、規範が衰退したから起こることであり、規範があれば経済合理的行動が作用する余地はない
 →結果として夫婦の出生率の低下
・規範は、「報酬」を与える ex)結婚したから一人前だ!
⇔現在の日本社会は「家」にまつわる家族規範に代わる家族規範を確立できていない
 →「未婚化・晩婚化」「少子化」はとどまるところを知らない
 =「個人化した家族」個人の利益の最優先

3.1980年代以降の育児環境の変化
・家族の変化の要因は、育児環境の変化の原因でもある
→育児環境の変化の要因①~⑤

①子供の数の激減
 ・1997年には老年人口比率が年少人口比率を逆転
 →子供が社会の中で少数派に
 ⇒子供と子育てにかかわる人々の勢力が格段に弱まる
  実際に子供のエネルギーに出会うと、高齢者「うるさい!もっと静かにしつけなさい!」
 →子供に対する圧力が増大し、育児環境を困難に

②世帯構成の変化
 ・「単独世帯」の増加(独身者、高齢者)
  「核家族」…夫婦と子供の世帯は半分ほど(中でも老親と成人した未婚子女が増)
→夫婦のみ世帯の急増、片親世帯も微増
 ⇒ライフスタイルの多様化
 →小さな子供を持つ世帯を少数派に追いやってしまった

③援助をしてくれる親族の減少
 ・少子化の進行はきょうだい数の減少をもたらす
 →頼りになる兄弟、親族のネットワークの減少
  都市部ではもともと保有している近親数が少ない
 ※また、子育て世代の親の親(祖父母)が高齢化により生存している場合も多く、親が介護に追われ子供の子育てに協力できない

④有配偶有子女性の就業意欲の上昇
 ・「就業希望」をもつ有配偶女性は8~9割
 →都市部で「保育所入所待機乳幼児」問題、
 ⇒高い就業意欲がありながら、それを実現するための代替的保育の人材(ex.親戚)が欠けているために保育所という公共サービスに対して利用要望が高まっている 
 ・母親の「就業意欲」は専業主婦であってもきわめて高い
 ⇔専業主婦志向の強かった60年代,70年代の有配偶女性とは根本的に違う
 →今、家事・育児をしていてもそれに満足しているわけではない

⑤意識の変化
 1970年代までの女性のライフスタイル
 →結婚を機に寿退社、専業主婦となり家事・育児に専念
 ↓
 家規範の衰退とともに女性のライフスタイルにさまざまな選択肢が登場
 →自己実現欲求からくるフラストレーションの高まり
 →育児環境、夫に対するフラストレーションの高まり
 →(妻の主観的意識のうえでは)育児環境の悪化

4.育児環境とその変革のさまざまな試み
・現在の育児環境…家族規範の衰退とともにライフスタイルの選択が可能に
→フラストレーションのもとに
…子供、子供のいる世帯が減少し、周囲の圧力は増大
親族、地域ネットワークは減少し「育児ノイローゼ」
育児の密室化の進行→「幼児(児童)虐待」の急激な増加
⇒ますますの貧困化「育児の空洞化」
 =家庭養育機能を支え、保管する近隣、地域の大人たちが急速に失われてきている
 ⇒「相互扶助」の衰退
 ⇒行政を中心とする専門サービスへの依存度拡大
=都市的生活様式の拡大
 ⇔行政サービスは平等で一律、個別の要求に柔軟に対応してくれない
 ⇔行政サービス以外の専門サービスは、対応柔軟だが高価
 ↓↓↓
「地域での助け合い」…臨機応変の小回りのきくサービス
 ex)育児サークル、先輩ママによる一時預かりやアドバイス、
社協・NPOによる育児支援、家庭保育園
→行政はサービス利用者と提供者を結びつける仕組みを組織化
 独自に育児支援をする+育児サークルやNPOの活動を取り込み、行政活動の柔軟性up
⇒行政が、育児サークルやNPO活動などの「相互扶助」的活動を、行政が提供する「専門サービス」と相互補完的関係にあるものとして位置づける
⇒行政サービス自体の柔軟性高める
    ×
 周辺で行われる自主的な活動を支援し、有機的に取り込んでいく
    +
 日本社会での就業のあり方の変革
    ↓
 「少子社会・日本」に大きな転換


<論点>
①「家規範」の衰退によって起こった変化、問題にはどのようなものがあるだろうか?様々な視点からあげてみる。
②現在、働きながら子育てをする女性にとって育児は困難なものである。なぜ困難なのだろうか?また、それに対し、行政や地域社会(あるいは夫?)はどのようなはたらきかけができるだろうか?

2015-06-19 14:17 : 『地域の社会学』(15年度前期学部ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。