スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『人文地理学への招待』 序章 地理学を学ぶために

序章 地理学を学ぶために  竹中克行

■改訂の理由
なぜ2009年に刊行された『人文地理学』の大幅な改訂に踏み込んだのか?
→地域・社会の変化、そしてそれを背景とする研究の新たな展開をおさえることで、潜在的な読者の期待に応えようと意図したから。

■各部の位置づけとキーワード

第Ⅰ部:地域への地理学のまなざし
「自然と人間の関係性という視点から、自然環境との密接な関係において生活や生業を組織してきた農村と、自然環境のうえに高度な建造環境をつくることで集住を可能にした都市という、対照的な地域のあり方が識別されることは強調しておかねばならない。」ということに対する基本的な理解の提供。
・時間地理学(1)
1960年代後半にスウェーデンの地理学者T.ヘーゲルストランドが提唱。
ニュートン力学的な時間を前提とし、時空間上で個人の生活行動をとらえ、これを3次元のダイヤグラムで描き出す(地域社会環境論Bを思い出そう)。
→現代人の経験世界にフィット。
・争われる空間(2,3)
時間と同様に、空間もまた、人間の活動を支え、枠づける有限の資源として作用。

第Ⅱ部:経済活動を空間的に読み解く
帰納主義的なモデル構築の分野で日本の地理学が大きな蓄積を有するということを、経済・産業活動を中心対象として検討し、明らかにする。
・固有の性格を有する地域に通底する一般性を導き出すには?(4)

第Ⅲ部:地理学が映し出す想像力の世界
「意味づけられた空間は、物質的な空間との間で緊張に満ちたやりとりを続けている」という問題意識に貫かれたテーマ群について。
・人文主義地理学における空間の捉え方(4,5)
英語圏を中心とする地理学は、人間の思考や情念によって分節化され、周りとの関係性を与えられたまとまりを場所(place)という概念で議論してきた。

第Ⅳ部:過去と現在を繋ぐ地図
歴史学は時間、地理学は空間を、それぞれ切り口として、人間世界に関する考察を深めてきたが、時空間が切り離すことのできない統一体として存在することは自明。時間と空間の交わりを積極的に対象化する歴史地理学の考察。時間と空間の交わりという問題設定の延長上にあるのは、知的統一を基盤とする全体史といった壮大な研究テーマ。地誌と歴史を統一的な視野のもとに描き出す研究は、量産困難な仕事であるが、長い目でみれば、歴史学とともに地理学が挑戦すべき知の領域のひとつ。

第Ⅴ部:地理学と現実地点の接点
「知の体系としての地理学は、地域に対して自らの存在意義をいかにアピールすべきか?」「地域と結ばれた学として、地理学にどのような強みがあるのか?」という問いに対する答えを提示。
・地理学に投げかけられる問いや使命(6,7)
ex. 生活のなかで空間がもつ意味を市民の目線上で見せることを可能にした地理情報システム(GIS)とその弊害。

■論点
・編者は改定の理由として地域・社会の変化をあげているが、2009年~2015年の6年余りで、地域や社会はどのように変化したのか。また、その変化は何によって起こったのか。その原因はひとつか、それとも複数か。それらは密接に関係しているか、独立しているか。

2015-10-22 20:57 : 『人文地理学への招待』(15年度後期ゼミ) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

contents

過去の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

訪問者数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。